FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこかで読んだ記事より ~ 123→4→56はどう押す?

まあ、そのまんまの内容です。

右手側で123→4→56が来たらどう押すのか、という難しい配置の例のお話です。
(左手側なら567→4→23と脳内で置き換えて下さい)

で、私の場合だとまず123456のブロックに分けて考えますね。

そして、指が5本しか無いという現実からすると一番運動量が低くて叩けるのは
123→親人親
456→中小薬

かなあ? という感じです。

※親人親は誤字ではありませんw 親を高速スライドか腹かどちらかで2個押しします。

残念ながら、まだ私の腕前だとBPM110ぐらいじゃないとこんなに器用に押せませんが
最終的にはこれが穴AAと同じBPM154で押せるようになれば十段は取れるんじゃないかとw

運指をこうやって考えるのは楽しいですね。実戦して淘汰されていく場合も多々ありますが……
ただ、こういった形の場合には 5小 があるとやっぱり強い気がします。

あくまでも私の考え方として、ですが。以上。
スポンサーサイト

テーマ : beat maniaⅡDX - ジャンル : ゲーム

SPとDPと片手の関係 ~前半~

MO2MO2さんのコメントにあったので気になっていた事についてまとめ。

毎度このブログは結論だけ先に書きます。
『SPとDPと片手は別ゲー でも遠い星の彼方で繋がっています』

じゃあ、その辺について詳しく説明。

まず最初にSP。一番の課題はとにかく左右の指の配分。
(譜面認識に関してはそれぞれ別の大変さがあるので割愛します)
唯一完全固定が出来るのもSPならではですね。
つまり、『全部叩けて当たり前』という部分を煮詰めていく作業が主になるかと。
言わずもがな最大プレイ人口を誇るのはここでしょう。

SPと片手は一番近くにあるゲームですが、
片手特有の『小指』と『スタミナ』が課題になりやすいですね。
SPとDPは逆に一番遠いゲームでしょう。
根本的に違う運指やら画面の使い方やらを覚えるのが大変です。


続いてDP。最終的に人体に一番優しくないのがこれかとw
問答無用に10本の指をフル回転させられるのでハードルも高いですね。
その中でも特に『無理皿』はDP特有の考え方+技術の最たる物でしょう。
近年は特にプレイヤーの人口増加、レベルの向上が著しいかも知れません。

DPからSPは特に譜面認識が大変でしょう。
単純に密度が2倍になったような物ですし、左右の手も喧嘩しがちです。
DPから片手は割と近い方ですし、実際にプレイしている方も多いでしょう。
ただ、やはり難易度が進むとSP同様に譜面認識が辛いですね。


最後に片手。個人的には一番成長の遅い分野だと思います。
ここは5本指に対して7鍵盤という明確なテーマがあって、その答えを出す形でしょうか。
未だにこれだという上達方法が明確になっていないので探求するロマンに溢れる世界です。
ただ、どうしても慢性的な体力不足に陥るあたりマゾ要素が高すぎますw
何だかんだでやった事のある人は多いのですが、専業の人はあまり居ないのが現実か。

片手からSPは割とまあ。恐らく皿の処理につまづいて挫折する事でしょう。
そして気が付けばまた片手に戻ってたりする事でしょう。あるある。
片手からDPは無くは無いぐらい? SP同様別ゲーなので時間が必要です。
また、普段使わない方の弱い手の負担はSP以上ですし茨の道かも知れませんね。


ちょっと 長くなってきたので続きはまた後日。

テーマ : beat maniaⅡDX - ジャンル : ゲーム

『両』片手プレイの上達のコツとは

GW企画最終日。
いつもなら『月曜日』のハチマキを締めたヤツが来てガクブルな日ですが、
何となくそれ以上にブルーになれそうな火曜日ですね('A`)

で、今日のお題はかなり特殊な質問だと思います。
DJTで左右が68勝68敗(5月5日現在)という
『両』片手プレイヤーである私ならではの質問のされ方というか。

その一番簡単な回答はこうでしょう。

出来る限り左右共に同じ練習メニューを課し続け、
最終的に『非利き手だから』という甘えが無くなれば完成です。

……ちなみに、この病気が進むと自分が左右どっちの手でプレイしているか時々判らなくなりますw

もう少し具体的な話をしますと、
どうしても練習時間が足りなくなるので譜面認識>指の体力という図式になりがちです。
なので、そのへんを自覚して体力づくりをメインに考えるのが早く上達するヒントでしょう。
(まあ体力づくりは普通の片手プレイにも言える事ですが)

後は、左手の山場となる五段前後で頑張れるかどうかでしょう。
ここを越えてしまえば、基本的な能力がある程度揃うので心配無いと思います。

最後に。
左手は右手に学べ、右手は左手に学べ
どちらかの手だけクリア出来無い曲にぶつかった時はこの言葉を思い出して下さい。
きっと何か攻略のヒントが見つかるハズです。

テーマ : beat maniaⅡDX - ジャンル : ゲーム

5小ってどれぐらい使えるの?

GW企画第3日目。『5小ってどれぐらい使えるの?』
このへんは比較的最近の情報なので、
まだまだ不確定な要素が多い=調べ甲斐のある分野だと思います。

で、毎度ながら結論を先に言うと
「4人と同じぐらいしか使えない」
というのが現時点での回答になるでしょう。
※念のために言っておきますが、私自身は5小推進派です

というのも、この5小が出る場面というのは7が空いている前提が必要なので
(流石に7薬や7中まで行くと実践的では無くなってきますし)
あくまでも同時押し偏った発狂という
局地戦で真価を発揮するスパイス的な運指だと思っています。

で、何故4人という言葉が上で出てきたのかというと、
5小の最大のメリットは456の同時押しの処理で発揮されるので、
逆に言えば456を人中薬(or人薬中)で押すか中小薬で押すかという話になるからです。

ただ一つだけ4人と違う点としては、
鍛え続ければ最終的には3親に匹敵するカバー範囲が得られる
という事だと思いますが、そこまで行った人の話というのを聞いた事がまだ無いので……

5小に関して何か情報をお持ちの方が居ましたら是非コメントを。宜しくお願い致します。

テーマ : beat maniaⅡDX - ジャンル : ゲーム

56は中薬?薬中?

GW企画の第2日目は『56は中薬?薬中?』です。

未だにどちらが有利か出ていない片手プレイの謎の一つです。
現状ではまだ「両方出来るのが一番正しい」としか。
では、それぞれの押し方のメリットとデメリットについて少し触れてみましょう。

56中薬
見たまま押せるので脳が理解しやすく指が押し難い形。
一時期は主流と言われていたが現在では評価が少し下がっています。
(私もこっちです)

56薬中
指への負担が少ないものの、指がまたぐ形なので脳に厳しい形。
難易度が上がってくるとカバー範囲の広さから評価の上がる傾向にあるかと。


で、私個人としては恐らく
どちらか一つを取れというなら56は薬中でFA
だと思っています。
これは特に456の押し易さ、指の回転の良さを評価しての事です。

ただし、56薬中にも色々と弱点はありますので
(例えば1+3+5+6等が判り易いと思います)
両方出来るのが今後の標準になっていくと思われます。

最後に、自分の使っていない方の押し方の簡単な練習法を。
中薬の練習をしたければ、5+7を中小で押しっぱなしにしてから6薬
薬中の練習をしたければ、5+7を薬小で押しっぱなしにしてから6中
これを曲のローディング中などに少しづつやると良いと思います。

ヒントとしては、
中薬は中指を5鍵の一番上を触る意識を強めにして指を折りたたみましょう。
薬中は薬指で5鍵の上の方を触りながら中指を上に伸ばすと6鍵に当たると思います。
何かの参考になれば幸いです。

テーマ : beat maniaⅡDX - ジャンル : ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。